ホームワールム

主に1/700スケールのプラモデル

汎用・輸送機 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 UH-1H/J

2015.03.27 (Fri)
P1100236_R.jpg
陸自の汎用ヘリコプター、UH-1HとUH-1Jを作りました。
ピットロードの「世界の軍用ヘリコプター」のやつです。

P1100244_R.jpg
UH-1Hは機首が丸いのが特徴です。

P1100245_R.jpg
UH-1Jは機首が延長され尖っています。
H型との識別点がそれだけでは寂しいので、プラペーパーでワイヤーカッターを作って付けておきました。

P1100240_R.jpg
P1100267_R.jpg


P1090751-753_R.jpg
P1100248_R.jpg
ローターブレードはいつも通り薄く削っています。
スキッドは1機だけプラパーツから真鍮線に置き換えてみました。
実機通りの構造でかつ細くシャープになるので見栄えがぐっと良くなります。
ただ曲げ加工や接着が難しくてなかなか綺麗に揃わず、結局残りの7機は妥協してプラパーツを使うことにしました。

P1100255_R.jpg
メインローターは接着せずに真鍮線での接続にしました。
これでローターの角度を自由に選べます。

塗装はタミヤアクリルの茶色(陸自)、濃緑色(陸自)、クレオスのタイヤブラックで塗っています。
ローターの上面は実機では迷彩になってるみたいですが、明らかに面倒そうなので黒一色で済ませてしまいました。

P1100281-293_R.jpg
サンアントニオ級揚陸艦の飛行甲板に載せてみました。
CH-47やUH-60に比べると小柄なヘリなので余裕をもって並べることができます。
スポンサーサイト

1/700 UH-60JA ブラックホーク

2014.05.12 (Mon)
P1080484_R.jpg
ピットロードの「世界の軍用ヘリコプター」に入っているUH-60JAを作りました。
ローターブレードはなるべく薄く削りこんでいます。
スタブウィングの支柱は真鍮線で再現しました。

P1080487_R.jpg
P1080534_R.jpg
P1080528_R.jpg
P1080541_R.jpg

1/700 MH-47G

2014.01.11 (Sat)
特殊作戦用の大型輸送ヘリMH-47Gです。
タミヤのおおすみ型輸送艦に付属するCH-47からの改造です。
機首左右の給油プローブと地形追従レーダーをプラ棒などで追加しました。
P1070702_R.jpg


右側ドアの上に装備されている救難用のホイストもプラ棒と真鍮線で再現しました。
P1070716_R.jpg

いつも通りスタンドに刺して飛行状態にできるようにしてます。
P1070706_R.jpg
P1070709_R.jpg
P1070723_R.jpg
P1070730_R.jpg

1/700 CH-47J チヌーク

2013.08.28 (Wed)
P1060842_R.jpg

CH-47Jはタンデムローターが特徴的な大型輸送ヘリコプターです。
最大で人員55名を乗せることができるほか、高機動車などの搭載も可能です。

キットはピットロードの現用艦船装備セットのものです。
素のままだとローターブレードが厚いのでヤスリをかけて薄くしました。

P1060804r_R.jpg

1/700 UH-60J

2013.05.30 (Thu)
P1050713_R.jpg

航空自衛隊の救難ヘリコプターUH-60Jです。
アオシマの海自ヘリセットのUH-60Jを空自仕様にしました。
塗装にはクレオスの洋上迷彩セットを使いました。

P1050720_R.jpg
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。