FC2ブログ

ホームワールム

主に1/700スケールのプラモデル

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぶき製作 1

2018.09.18 (Tue)
P1160080_R.jpg
タミヤの空母いぶきを作り始めました
船体自体はほぼ「いずも」と一緒で、F-35運用のためのスキージャンプやディフレクターの有無が大きな相違点です
全体的に作りやすさを重視したパーツ構成になっていると感じられ、各パーツが気持ちいいくらいピッタリはまってくれるのでストレスなく組み立てられます
さすがタミヤだなぁと感心するとともにこのクオリティでタミヤが現用艦キットを発売していてくれればなと思うと残念でなりません

P1160081_R.jpg
とりあえず艦橋を組み立てるところまで
ハセガワの「いずも」ではかすれ気味だった側面のモールドがハッキリしていていい感じです
スポンサーサイト

ogame 鯖設定変更

2018.08.17 (Fri)
いくつかの鯖で設定の変更が行われている模様
我がQuantum鯖においてはeconomyが5倍から7倍に、fieldsが+0から+30に
盆栽erとしては内政スピードの増加もfieldsの純増もどちらも嬉しい限り
特にfieldsは限界が見えつつあったのが後発の鯖みたく270とか280とかなってて本星も余裕の200越え(テラフォ込み)
まず使い切れないであろう広さになった
ずっと止めていた本星の開発を再開して採掘所を39/35/31から他のコロニー並の42/36/39までは持ってきたいし、10で止めてたリサセンとかも上げておきたい
それにしても1つの星で資源3種計20M採掘できるとかすごい世界になったものだ

1/700 パトリオットミサイルシステム一式

2018.05.14 (Mon)
P1150966_R.jpg
パトリオットミサイルが完成しました。

P1150943_R.jpg
塗装は全部Mr.カラーのC340フィールドグリーンです。

製作記
その1 その2 その3

1/700 DD-116 てるづき

2017.12.22 (Fri)
P1150498_R.jpg
てるづきが完成しました。
途中放置して他のキットを組んでいたりゲームに夢中だったのもあって2年近くかかってしまいました。

P1150508_R.jpg
マストは支柱をプラ棒に置き換えたおかげでだいぶシャープな印象になったと思います。
写真左がてるづき、右が以前製作したあきづき(キットのパーツそのまま使用)です。

P1150512_R.jpg
あきづきの時はLSOの窓枠を塗れる自信がなかったのでスプレーで甲板ごと塗りつぶしてしまいましたが、今回は筆で塗り分けました。
せっかくのクリアパーツですしちゃんと塗れるとぐっと"らしさ"がアップします。

製作記
その1 その2

1/700 C-5 ギャラクシー

2017.10.09 (Mon)
P1150447_R.jpg
C-5が完成しました。
機体上面の迷彩はMrカラーのC317グレーとC72ミディアムブルーで塗りました。
空自C-2っぽくしようとしたはずですがだいぶ違った感じになってしまいました。
まぁこれはこれで。
エンジンはフチをエナメルのチタンシルバー、後ろのコーン部分をクレオスの佐世保海軍工廠色で塗っています。
いちいち書いておかないと後で「あの色何使ったっけ?」となったら困るのできちんとメモしておきます。
国籍マークはピットの装備品セットに入ってる汎用デカールを使って架空自衛隊仕様としました。
マークがだいぶ小さく見えますがこれでも一番大きいやつを使っています。

P1150452_R.jpg
せっかくの超大型機なので色々な機体と並べてみました。
まずは実際の自衛隊でも採用されている戦術輸送機C-130。
輸送機だけあってそれなりに大きい機体なのですがC-5の隣に並べるとまるで小型機です。

P1150456_R.jpg
戦闘機やヘリたち。
wikipediaによればAH-64やUH-60は一度に6機運べるしF-16も分解すれば搭載できるとのこと。
ということはF-16の派生改造機であるF-2も上手く分解できれば輸送できるんでしょうか?
F-16よりも大型化してますし機体構造も違うだろうから単純に同列視はできないかもしれませんが。

P1150460_R.jpg
メインの輸送対象であろう車両たち。
積み降ろしを再現するためには機首を開く必要がありますが、機首を綺麗に切り取ったり内部を再現したりするのは難しそうなので諦めました。

P1150461_R.jpg
大型航空機を収納しているケースがそろそろ満杯になってきました。
大型機のC-141やB-52と比較して更に一回り大きいC-5は流石の貫禄です。

製作記
その1 その2
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。